ようやく春の訪れです。

 鮫川村にもようやく春が訪れました。今冬は12月から雪が降り、それにもまして例年にない厳しい寒さが続き、和紙漉き作業場は毎朝マイナス10度以下の厳しい冷え込みとなり、ネリや漉き船の中の氷の始末に追われました。そんな時期も過ぎて3月になると気温も上昇して、ようやく春らしくなってきた今日この頃です。

DSCN2051

DSCN2052

このところの暖かさで福寿草も満開になってきました。

DSCN2048

日向のオオイヌフグリも満開です。

DSCN2058

スイセンの芽も伸びてきましたが、まだ開花までは至りません。

DSCN2041

椿の蕾もまだ硬いようです。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。