春の妖精たちです。

 今日寛ちゃんハウス後ろの土手にアズマイチゲの花が開花しました。アズマイチゲ、カタクリ、ニリンソウなど早春のこの時期に開花する花は、春の妖精(スプリングエフェメラル)と呼ばれ、人々を魅了します。カタクリなどはこれからですが、他の花々が咲き始めるころには休眠に入ります。

アズマイチゲは太陽が当たらないと開きません。

太陽が当たりきれいに開きました。

我が家の庭の日陰の福寿草もやっと開花しました。

この丸いものは何だかわかりますか、イガラと言う蛾の繭です。この中に蛾の幼虫が入っています。イガラには毒があり要注意です。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。