有意義な一日でした。

いわき市遠野地区では「遠野和紙」が漉かれていて、鮫川和紙より長い歴史があります。しかし、最後の和紙漉き職人が数年前に亡くなってから、後継者がいませんでしたが、昨年から地域おこし協力隊の「平山」さんご夫妻が技術を継承し、同地区で紙漉きを行っています。今日、平山さん以下7名の関係者がハウスを訪れ、和紙について多岐にわたり意見交換を行い有意義な一日となりました。

和紙について多様な意見交換を行いました。

私の作った紙料を見ています。

手作りのシェードも見て頂きました。

和紙を見る目も真剣です。

作業場も見て頂きました。

和紙の家で集合写真です。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。