本格的な紙漉きシーズンに入りました。

 1月に入り寒さも一段と厳しくなり、いよいよ本格的な紙漉きのシーズンが到来しました。この寒い時期の紙漉きは非常につらい作業です。今は幅94センチ、高さ62㎝の障子紙を漉いています。私が漉く紙で一番大きな紙です。大きくなる分材料も必要ですし、紙を均一に漉く技術も必要です。今後、数回に分けてアップします。

紙料を漉き舟に入れて馬鍬を使い攪拌します。

紙料が攪拌されたらネリ(トロロアオイの抽出液)を適量入れて再び攪拌します。

ネリの氷をカゴで除きます。

ネットの中にトロロアオイの根が入っています。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。