桃ノ木の皮を剥いてみました。

dscn2613

 紙は基本的に植物繊維があれば、出来上がりの強弱は別にして紙になります。今冬から、桃ノ木の皮を使ったらどんな紙が出来るか挑戦しています。コウゾと同様1時間半程度蒸して皮を剥いてみましたが、皮そのものがコウゾ皮よりかなり弱いため、途中で切れてしまい剥くのに苦労しています。まだ始めたばかりですが、皮量を確保して何とか桃紙を完成させたいと思います。

dscn2606

短く切って鍋に立て、薪ストーブで蒸します。

dscn2607

中はビニールで覆い蒸気が逃げないようにします。

dscn2609

蒸す前の桃の原木です。30センチ前後に切ります。

dscn2612

皮を剥ぐと幹は黄色です。コウゾは白色です。

dscn2616

幹に一番近い皮色も黄色です。

dscn2615

左から原木、剝いた後の幹、皮の順です。

関連する記事

コメントを残す

※承認制のため、即時には反映されません。