障子紙を漉いています。

 1年で一番寒い小寒をすぎて今は大寒の時期です。今年の小寒は朝の気温がマイナス12まで下がり例年にない寒さでした。大寒に入り小寒ほどの寒さはないものの、、ちょっと寒いと思う朝はマイナス7度から8度くらいまで冷え込みます。そんな中、毎日障子紙を漉いています。私が漉く紙で一番大きい和紙で、横幅90cm、縦幅60cmの和紙で3枚あれば障子戸1枚が貼れます。そんな寒さの厳しい中、午前中は漉き船の中とネリに張った氷の処理が日課です。氷を完全朝の気になくさないと和紙は漉けません。そして午後から障子紙を漉く毎日です。

障子紙を漉く漉き船です。

馬鍬(ザブリ)を使い漉き船の中にある紙料を細かくするため攪拌します。

紙料を攪拌後ネリを入れて漉き始めます。

紙床に1枚1枚丁寧に重ねていきます。

一晩水切りを行い水分絞りをしてから1枚づつ剥がします。

剥がした和紙を張り板に張ります。

張った後にハケを使い中にある空気を外に押し出します。

刷毛で空気が押し出されきれいに張れました。

ストーブの側で乾かします。

乾燥が終わり障子紙が出来ました。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。