カジカの生息調査を行いました。

 鮫川にカジカを呼び戻す会ではメンバー5名が参加し、「壇の岡橋」から上流300mの間を押し網を使いカジカの生息状況調査を行いました。昨年10月の台風19号により、川が大増水しカジカへの影響が心配されましたが、調査を始めるとカジカの成魚や稚魚が網に入りました。昨年調査時よりは少なかったものの、台風の増水にも負けずカジカが生息していて会員一同ほっとしました。調査の結果、カジカ成魚12匹、稚魚17匹、ヤマメ2匹、ドジョウ25匹が捕れ、終了後、すべて川に戻しました。

押し網と押し棒を使いカジカがいそうなところを探します。

網をあげて中を確認します。

カジカやドジョウが入っています。

白バットに入れて大きさなどを確認します。

一緒に調査をしたカジカの会メンバーです。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。