渓流釣り

渓流釣り解禁です。

 今日から2021年渓流釣りが解禁になりました。今朝5時に起床し鮫川本流、新宿地内から入川し明るくなるのを待って早速竿を出しました。餌はミミズです。釣り始めて間もなく1年ぶりベッピンヤマメが釣れました。約時間かかり東前田橋まで釣行し28匹の釣果でした。今年の解禁日は朝が少し寒かったものの気温が高く良い解禁日となりました。

今朝の釣果です。全部で28匹です。

ヤマメが17匹です。

このヤマメは3月29日に放流したヤマメです。

ニジマスも釣れました。鮫川で産卵しているようです。

関連する記事

ヤマメ成魚放流です。

 4月1日の渓流釣り解禁に向けて、ヤマメ成魚の放流を行いました。運ばれてきたヤマメを軽トラに積んだ水槽に移し、村内各河川に放流しました。解禁日が待ち遠しいです。

ヤマメを積んだトラックが到着しました。

軽トラに移す前に計量します。

軽トラの水槽に移します。

良型のヤマメです。

村内各河川に放流しました。

関連する記事

河川清掃です。

 今朝6時から、鮫川村水産資源保護協会の役員9名が参加して、河川のゴミ拾いと草刈りを実施しました。河川に捨てられるゴミの量は少なくなってきていますが、依然としてゴミはあります。草刈りは雨で増水して河川敷の草が倒れ非常に刈りにくい状態でしたが、7時30分には終えることが出来ました。

7月になると草丈も伸びて刈るのに時間を要します。

石垣の側は刈るのに技術を要します。

水際まで丁寧に刈ります。

刈り終えてきれいになりました。

拾ったゴミです。量は少なくなっています。

河川清掃に参加したメンバーです。

関連する記事

河川清掃です。

 鮫川村水産資源保護協会では、毎年5月5日にヤマメ釣り大会を開催していますが、釣り人が集まりチャイナウィル感染の恐れがあるため中止になりました。しかし、河川のゴミ拾いだけは例年通り行いました。6時に水資源協会の理事9名が集合し商工会下河川から広畑地内まで河川のゴミを拾いました。

河川の中を歩きながらゴミを拾います。

拾い集めたゴミです。空き缶は少ないですがビニール類が多いです。

可燃ごみと不燃ごみに分別します。

軽トラ1台分集まりました。

清掃に参加した理事さんです。

関連する記事

ヤマメの稚魚放流をしました。

 鮫川漁業協同組合の事業の一環としてヤマメ稚魚放流を行いました。漁協の総代さん6名が古殿町道の駅でヤマメを受け取り、2班に分かれて村内各河川にヤマメ稚魚8200尾を放流しました。

ヤマメ稚魚の積み込み作業です。

軽トラに積んだ水槽に稚魚を移します。

村内各所に放流しました。

幼稚園児も放流に参加しました。

関連する記事