渓流釣り

稚魚を放流しました。

 鮫川漁協主催によるヤマメ稚魚放流が行われました。5名の漁協総代に協力を頂き、古殿町の道の駅で10,000匹の稚魚を軽トラ2台に分けて積み込み、鮫川本流と支流にを放流しました。午後からは鮫川幼稚園児20名も放流に参加し一緒に放流を行いました。

DSC_0002

軽トラの水槽に稚魚を積み込みます。

DSCN2683

DSCN2684

村内各河川に放流しました。

DSCN2689

園児たちのバケツに稚魚を入れます。

DSCN2688

稚魚をもらい大喜びです。

DSCN2694

DSCN2699

並んで一斉に放流します。

関連する記事

ヤマメ釣り大会です。

 鮫川春祭りのイベントの一環で、鮫川村水産資源保護協会が主催した、ヤマメ釣り大会が広畑地内の鮫川本流で開催されました。5時から役員で網張をし、6時にヤマメを放流して、7時から釣りを開始しました。子どもの日なので、子ども専用の無料釣り場も設けられ大勢の子ども達で賑わいました。

DSCN2349

放流前に網を張ります。

DSCN2351

網張が完了しました。

DSCN2355

ヤマメを放流します。魚は良型です。

DSCN2366

花火の合図で釣りが開始されました。

DSCN2373

子ども専用釣り場も設けられました。

DSCN2359

大勢の子ども達が参加しました。

DSCN2369

釣り上げたヤマメは良型です。

DSCN2364

カジカも連れましたが放流しました。

関連する記事

2018渓流釣り解禁です。

 2018年渓流釣りが今日から解禁になりました。昨年の解禁日は気温、水温とも低く釣果は今一でしたが、今年の解禁日は暖かく風も無くて絶好の釣り日和に恵まれ、大勢の釣り客が鮫川に訪れました。自分も5時前に起床し、本流で今シーズンの初釣りを楽しみました。まだ小ぶりの魚が多く釣果は18匹でした。

DSCN2162

解禁当初なので小ぶりの魚が多いです。

DSCN2165

3月25日に成魚放流をしましたが、釣れたのは天然物が多いです。

DSCN2164

ニジマスが3匹入りました。

関連する記事

ヤマメ放流です。

 4月1日の渓流釣り解禁に向けて今日、鮫川漁協と村水産資源保護協会役員5名が参加し、ヤマメ成魚の放流を行いました。放流量は約200キロ、2000匹で、軽トラック2台に分けて積み込み村内各河川に放流しました。4月1日の解禁が待たれます。

DSCN2094

ヤマメは天栄村から運んできます。

DSCN2084

DSCN2091

良型のヤマメです。

DSCN2087

DSCN2093

軽トラの水槽に移します。

DSCN2101

DSCN2096

各河川に放流しました。

関連する記事

漁協総代会が開催されました。

 鮫川漁業協同組合平成30年度通常総代会が、いわき市の山田公民館で開催されました。総代会には各地区から委任を含め約90名が出席し、提出された各議案について慎重審議の結果、原案通り承認されました。また、総代会に先立ち、国立研究開発法人水産研究・教育機構中央水産研究所、水産学博士「中村智幸」先生から「内水面漁業の経営改善と遊漁振興」と題して講演会が行われました。

DSCN2009

会場の準備も整いました。

DSCN2011

総代さんが集まり始めました。

DSCN2007

講演会の演題です。

DSCN2028

パワーポイントを使い講演する中村先生です。

DSCN2016

阿部組合長のあいさつです。

DSCN2029

DSCN2032

来賓あいさつです。
  (写真上は福島県内水面漁業協同組合連合会代表理事会長 佐川 泉氏)
  (写真下は福島県内水面連合会浜・中通り連絡協議会会長 猪狩弘道氏)

DSCN2036

事務局の議案説明です。すべての議案が原案通り承認されました。
 

関連する記事