その他

ネリを収穫しました。

 春先に畑に蒔いて成長したネリ(トロロアオイ)を収穫しました。ネリは和紙を漉くためにはなくてはならないものです。トロロアオイの根を叩いて潰すと透明な粘液(ネリ)が出てきます。漉き船に入れたコウゾにネリを混ぜることにより、コウゾが沈まないようになって和紙が漉けます。

収穫前のネリです。

収穫したネリです。主に根の部分を使います。

漬け込むために根っ子を水洗いします。

洗い終えた根っ子をビニールに広げ乾燥させます。

腐敗を防止するためのクレゾール液です。

桶に入れたクレゾール液に漬け込み完了です。

関連する記事

村の一大イベントです。

 朝から素晴らしい秋晴に恵まれた今日、鹿角平観光牧場を会場に第31回高原の鮫川うまいもの祭りが開催され、3千人近くの人たちが来場しました。太鼓演奏や高原のトライアスロン、豪華賞品がもらえるナンバーズなどのイベントが行われ、高原には一日中歓声が響きました。

前日から準備を行い会場が整いました。

鮫川太鼓演奏で来場者を歓迎します。

テープカットで開場です。

会場は人人人で溢れています。

ナンバーズなどのイベント風景です。

ナンバーズでメンバーが村長賞をゲットしました。

FMXの妙技を堪能しました。

関連する記事

活動報告会です。

 9月30日から4泊5日の日程で鮫川村を訪れていた「若葉のふるさと協力隊」6名の皆さんが活動を終え、昨夜大樂村長や富田区長出席のもと、富田地区で活動報告会が行われました。若葉の協力隊はみどりの協力隊のタマゴです。隊員の皆さんから体験や活動、鮫川村についての感想について報告があり、最後に大樂村長から修了証が授与されました。

報告会開始前の1枚です。

司会を担当した「みどりのふるさと協力隊」協力隊の松村さんです。

会場に展示された手書きの資料です。

活動発表を行う隊員です。

発表に耳を傾ける大樂村長さんです(中央)。右側は松本富田区長さんです。

修了証を受ける隊員です。

修了証を持って記念写真です。

終了後、夕食にカレーを頂きました。

関連する記事

盆踊りです。

 最盛期には村内各地区で盆踊りが盛んに開催されていましたが、現在では、富田地区の八朔踊りと西山地区の2地区のみで開催されています。今日はその2地区で盆踊りが行われ両地区に行ってきました。暗かったので写真が不鮮明ですみません。

八朔踊りは富田地区薬師堂前広場で毎年この時期に開催されます。

富田地区の八朔踊りです。参加者が少なく寂しいです。

若葉の協力隊員が協力して作った花です。

西山地区の盆踊りです。立派な櫓が設置され大勢の人が仮想姿で参加していました。

櫓の周りは仮想踊りの商品がたくさん積まれていました。

多くの出店も出ていました。

関連する記事

夏が終わりました。

 今年は鮫川でも猛暑の日が続いていましたが、盆中の天気は晴れていたかと思えば、雨が降ったりと不安定な天気でした。10日から帰省していた孫たちもスイカ割や花火大会などを楽しみ、16日にはそれぞれ帰り我が家の夏が終わりました。

藁で迎え火を焚きます。

出来た藁灰を網でふるい香炉に入れます。これでご先祖様を迎える準備ができました。

スイカ割を楽しむ孫です。

15日には鮫川村花火大会を満喫しました。

孫たちと1枚です。

関連する記事