その他

冬に戻りました。

 昨夜から降り始めた雪が、今朝には6センチの積雪になっていました。あたり一面銀世界で道路も白くなって冬に戻ったような景色が広がりました。その雪も夕方までにはすっかり溶けてなくなりました。春の淡雪です。

車にも雪が積もりました。

植木にも積もっています。

咲き始めたスイセンの花に雪です。

ムスカリも雪の中です。

顔を出したつくしも雪に埋もれていました。

膨らみかけたサクラにも雪です。

ハウスのミツマタにも雪です。

ハウスの屋根も真っ白です。

関連する記事

空き缶分別を行いました。

 村赤十字奉仕団事業の一つとして空き缶(アルミ)回収、分別があります。今年度第1回の分別作業が団員15名が参加して行われました。場所は「ひだまり荘」後ろです。分別作業は昨年12月からは行われていなかったので、空き缶が大量に回収され山積みになっていましたが、そこは皆さん手馴れていて、約1時間で大量の空き缶分別が終わりました。分別した空き缶は業者が引き取り、得られた代金は奉仕団の活動資金に充てられます。

分別作業を行う団員の皆さんです。

山積みになった空き缶です。

入りきれない空き缶は別に保管しました。

風で飛ばないようにネットをかけて終了です。

スチール缶やゴミなどが入っています。これらを分別しないと業者が引き取ってくれません。

関連する記事

種もみ播種です。

 須賀川市長沼町の三男宅で恒例の種もみ播種作業が行われ、妻と行ってきました。箱数は昨年より少なくなりましたが、それでも育苗箱2000枚に午前中かかり播種を終え、午後からそれをビニールハウスに運び、16時までかかり中に並べ終えました。毎年やっていますが腰が痛くなり大変な作業です。

種もみを蒔く育苗箱です。

箱底に紙を敷いて機械に流します。

箱に土が入れられます。

播種される種もみです。

土入れ、種まき、水かけは機械が行います。

種もみが蒔かれた育苗箱が最後に出てきます。

種もみを蒔き終えた育苗箱です。

ハウスに運び並べます。腰が痛くなりつらい作業です。

整然と並べられました。

芽出しを促進するため保温シートをかけます。

全部の箱に保温シートをかけて完了です。

関連する記事

みどりの協力隊員の報告会です。

 昨年の4月から1年間鮫川村で活動をしてきた、緑のふるさと協力隊員の「松村和奏(わかな)」さんが村公民館で活動報告会を行いました。報告会には交流のあった人たち50名が集まり、熱心に耳を傾けました。松村さんは1年間にわたり体験したことをパワーポイントを使い、丁寧に報告を行いました。

ステージには大きな看板です。

報告を行う「松村和奏」さんです。

報告会終了後、これからの活躍を願い激励会が行われました。

参加者各人がコメントを求められ、私もお話をしました。

活動に参加していた団体の皆さんと1枚です。(上はコーラス、下はバドミントンです。)

最後にお礼を述べる松村さんです。

関連する記事

NHKホールに行きました。

 昨年11月に古殿町で開催されたNHKのど自慢大会で、塙町に在住している姪の「大縄暁子」がチャンピオンになり、昨夜NHKホールで開催された「NHKのど自慢チャンピオン大会2019」に、全国から選ばれた13名の1名に選ばれ出場しました。自分たち夫婦に地元塙町有志、暁子の同級生が応援に駆け付けました。ゲストは歌手の「郷ひろみ」「石川さゆり」「桐谷健太」、審査員は「黒柳徹子」「戸倉俊一」「松下奈緒」「立川志らく」の豪華メンバーが揃いました。

渋谷にあるNHKホールです。中は3階になっていて3000人が収容できるとのこと。

入場前に時間があったのでスタジオパークを見学しました。ドーモ君、チコちゃんがいました。

スズメ1枚です。

妻は萬平と1枚です。

観覧席は1階7列目で出場者もゲスト歌手もよく見えました。

出場者が歌うステージです。内緒で撮りました。

関連する記事