その他

登山教室に参加しましたが?

 19日に開催された村公民館主催の登山教室に参加しましたが、登山目的地の一切経山登山口の浄土平は、台風14号が九州に上陸した影響が県内にもおよび、風雨が強く登れるような状況ではなかったので、登山は即中止して観光に切り替え、山形県米沢市、飯坂温泉などを回り帰村しました。

米沢市の上杉神社です。言うまでもなく戦国最強武将「上杉謙信」公が祀られています。

上杉神社の参道です。コロナや台風の影響か人出は少ないようです。

参道途中のお堀に沢山の鯉がいます。観光客が投げる餌に集まってきます。

参道で和楽器のパフォーマンスが行われていました。

別の広場ではフラ団体のショーも行われていました。

米沢道の駅です。

中は大瀬の来客で賑わっていました。

店内にミツバアケビ(画像上)やブドウが並べられていました。ブドウのシャインマスカット高価です。

休憩、入浴をした飯坂温泉「花ももの湯」です。

関連する記事

お月見お話し会が開かれました。

 中秋の名月の今日、18時から村図書館前の駐車場で「お月見お話し会と音楽会」が開かれ、子ども達を中心に約30名が皆さんが参加しました。開会あいさつ後、村のボランティア団体「おはなしポケット」のメンバー4名が絵本の読み聞かせ、棚倉町のピアニストが月に由来する曲を演奏をしました。

開演前なのでまだ参加者が少ないです。

詠み聞かせをを行う「おはなしポケット」のメンバーです。

大きなお月様の絵も設置されました。

絵本の読み聞かせです。

ピアノ演奏の「鈴木」さんです。

関連する記事

陶芸教室が開催されました。

 昨日(21日)村公民館で陶芸教室が開催されました。主催は村公民館とコウゾ茶などを作っている郡山市「旅の書会」の共催で行われ、村民15名が参加しました。旅の書会代表の「千葉青藍」先生は書道家でもあり多方面で目覚ましい活躍をしています。
 昨年から和紙の家に訪れ、鮫川産のコウゾ葉を使用してコウゾ茶やコウゾ和菓子、クッキーなどを作っています。今回の陶芸教室は、11月予定されている新コウゾ茶の発表会に使う湯飲み茶わんを作るためのものです。鮫川のコウゾ葉、鮫川の参加者が作る茶わん、釉薬にはコウゾ灰を使い鮫川尽くしです。集まった参加者は、塙町在住の陶芸家「有坂麻美」先生の指導を受け、汗を流しながら茶わん作りに集中していました。出来上がりは2か月後の予定です。

コロナ感染防止のため、長机、椅子に1人です。

参加者が揃いました。

旅の書会「千葉青藍」があいさつしました。

「有坂麻美」先生のあいさつです。

参加者が有坂先生の周りに集まり作り方の説明を受けます。

皆さん湯飲み茶わん作りに集中しています。

有坂先生から直接指導を受けます。

出来上がった茶わんです。有坂先生が持ち帰り、乾燥後素焼き本焼きを行います。

出来上がった茶わんを前に1枚です。

関連する記事

チチタケを採りました。

 野生キノコの中でいち早く出るのがチチタケですが、今日山を歩きチチタケを採ってきました。チチタケそのものは食べてもあまり美味しくないのですが、茄子と一緒に炒めたり、うどんの汁にすると美味しい出汁が摂れます。今日はチチタケを使いうどんを作り郡山から来た客人に振舞いました。

チチタケです。傷をつけると白い汁が出てきます。それでチチタケです。

うどんの汁にすると最高です。今日は草刈りを行い暑かったのでビールを馳走になりました。

ごま油で焼いたおにぎりです。

今が旬のキュウリもみです。

今年の漬けた梅干しです。

関連する記事

塙町のハス園です。

 7月3日、塙町上渋井ハス園に行きました。その時は午後に行ったのでハスの花は萎んでいました。その場にいた係の方の話しでは、朝の6時頃来ると良いよと言われたので今朝行ってきましたが、ハスの開花は今一で、太陽が出て気温が上がらないと開花は進まないとのことでした。それでも前回よりは開花しているハスが多くありました。

今朝6時のハスの花です。開いているハスも沢山ありました。

咲き終わったハスです。

スイレンも開き始めています。

関連する記事