その他

事務所開きです。

 8月25日に投開票が行われる鮫川村長選挙に仲間である「鈴木治男」氏が立候補を表明しました。村長選挙は現職の議会議員が既に立候補を表明しており、実に32年ぶりの選挙となることが決まりました。今日は一足早く選挙事務所開きが行われ、村の中心地赤坂中野区からの立候補ということで、9時から行われた事務所開きには100人を超える支持者が集まりました。神主さんがお祓いをして、後援会長や現村長及び議長から激励の言葉があり全員で乾杯を行い選挙の必勝を期しました。

中に入り切れない人で溢れています。

神主さんの神事です。

後援会長さんのあいさつです。

大樂村長の激励のあいさつです。

星議長さんの激励のあいさつです。

候補者「鈴木治男」氏の」あいさつです。

関連する記事

炊き出し訓練です。

 村赤十字奉仕団が主催して災害時の炊き出し訓練が、鹿角平観光牧場で開催されました。事務局と団員32名が参加し、献立の「サバ缶じゃがいも味噌煮」と「松茸風炊き込みご飯」の2種類を作りました。出来上がった後に全員で頂き、終了後はバーベキューを楽しみ団員同士の交流を深めました。

開会式です。

委員長さんのあいさつです。

献立の説明を受ける団員さん達です。

献立のメニューです。

煮焚きを行う大釜です。昨年本部から頂きました。

サバ缶じゃがいも味噌煮の材料準備です。

松茸風炊き込みご飯の材料準備です。

松茸風炊き込みご飯は袋にお米と具を入れ準備完了です。

サバ缶じゃがいも味噌煮の準備も出来ました。

どちらも大釜で煮ます。

非常食が出来上がりました。上が松茸風炊き込みご飯、下がサバ缶じゃがいも味噌煮です。全員で食べましたが美味しかったです。

終了後、全員でバーベキューを楽しみました。

関連する記事

遺跡の見学会に参加しました。

 福島県文化振興財団が行っている遺跡の発掘作業を見学しました。場所は青生野字姿平地内にある「姿平西製鉄遺跡」です。名前のとおり砂鉄を採取して鉄を作っていた場所で、江戸時代あたりから鉄が作られていたようで、縄文土器の欠片も出土しています。見学会は村公民館が参加者を募りバスで現地まで送迎しました。発掘作業は7月末まで続くとのことでした。

発掘の担当者から遺跡の説明を聞きます。

発掘作業現場です。発掘は手作業で行われます。

発掘した鉄滓は水洗いをします。鉄滓は不純物が混ざった鉄の塊です。

多くの鉄滓が出土しています。

炉の跡です。

縄文土器の欠片も出土しています。

関連する記事

同級会を行いました。

 高校を卒業後、福島市のJA講習所に1年間勉強に行きましたが、その時一緒だった同級生と50年を過ぎても毎年交流を続けています。同級会は県北、会津、県南、浜通りと4方部持ち回りで毎年開催していますが、今年は県南方部鮫川が担当ということで、6月22日、23日に村営宿泊施設「ほっとはうす・さめがわ」で開催しました。男女合わせて12名が参加し、1日目は交流会で盛り上がり、2日目はそば打ちやバームクーヘン、ピザ作りなどの体験を行い楽しい2日間を過ごしました。

参加したメンバーです。

メンバーからそれぞれ近況報告がありました。

1年ぶりに顔を合わせ宴会で盛り上がりました。

宴会のご馳走です。

バームクーヘンの生地作りです。

炭火で竹を焼きその上から生地をかけます。25から30回同じ作業を行います。

バームクーヘンの完成です。

ピザのトッピングです。

手作りのピザ窯です。

出来上がった焼きおにぎり、ピザ、そば、バームクーヘンです。

美味しい昼食を頂きました。

関連する記事

研修に行ってきました。

 村赤十字奉仕団事業の一つで今日開催された研修交流会に参加しました。25名が参加し宇都宮市にある「栃木県防災館」研修を行いました。研修では防災についてのレクチャーを受けた後、2班に分かれて大雨、大風、煙、地震の体験を行いました。

途中、大谷石で有名な大谷町の「大谷資料館」に寄り、大谷石を切り出した地下坑内を見学しました。

地下坑内はオブジェなどが展示され、ライトアップされています。坑内は涼しく気温は12度でした。

栃木県防災館です。

担当者から防災についてレクチャーを受けます。

大風を体験する前の注意事項です。

大風が体験できる部屋です。風速30mの暴風が体験できます。

火災発生時に起きる煙の体験室です。煙の中を非常口に逃げる体験です。

地震が体験できる部屋です。最大震度7まで体験できますが、震度5以上になると立っていられません。

大雨が体験できる部屋です。長靴を履き、合羽を着ての体験です。

関連する記事