蕎麦打ち

ソバ刈りを行いました。

DSCN0919

 今日は朝から晴天に恵まれた中でソバ刈りを行いました。会のメンバー8名が9時に畑に集合し、16時までかかり15アールのソバを刈り取りました。鎌を使った手刈りなので腰が痛くなりました。

DSCN0924

7月30日に蒔いたソバです。

DSCN0917

DSCN0922

約70日で黒く実入りました。

DSCN0930

刈り取ったソバはポリ縄で束ねます。

DSCN0932

中腰の作業で腰が痛くなります。

DSCN0934

もう少しで刈り取り終了です。

DSCN0935

最後のそばを刈るメンバーです。

関連する記事

実がつき始めました。

DSCN0689

 9月に入って天候が回復したこともあり、ソバの花に実がつき始めました。まだ完熟していない白い実ですがこの調子で実がついていけば」、少しは期待が持てそうです。また、ソバの実がつき始めると、秋の花が咲き始めます。

DSCN0693

DSCN0694

DSCN0704

実をつけ始めました。

DSCN0706

ムクゲの花です。

DSCN0708

シュウメイギクも咲き始めました。

DSCN0709

鬼灯も真っ赤に色付きました。

DSCN0711

どんぐりも大きくなってきました。

関連する記事

満開になり始めました。

DSCN0681

 7月30日に種を蒔いたソバが、今日で1ヶ月となり花が満開になり始めました。ただ。まだ実をつけるまでにはなっていません。今年は雨の日が多く日照時間が少ないため、どのくらいの収穫があるか見当がつきません。

DSCN0672

DSCN0675

今年はカルチで畝を立て筋蒔きにしたので、花は並んで咲いています。

DSCN0673

DSCN0677

天気次第でこれからまだまだ伸びて花も多くなります。

DSCN0678

DSCN0684

いつ見てもソバの白い花はきれいです。

関連する記事

中耕を行いました。

DSCN0626

 7月下旬に種を蒔いたソバが大分大きくなりましたが、それと同じく畑の雑草も負けじと伸びています。今日はメンバーの1
人がカルチを使い、畝間の中耕を行いました。カルチについている小さなローターで雑草を土中に耕い込んで行きます。中耕によって雑草がなくなり、ソバの根にも酸素が行き渡ります。

DSCN0610

中耕を行うカルチです。

DSCN0609

ソバを倒さないよう慎重に中耕を行います。

DSCN0613

中耕前の畝間です。

DSCN0614

中耕で雑草が無くなりきれいになりました。

DSCN0625

畑全体も見違えります。

DSCN0600

DSCN0604

今年は長雨と低温が続いたせいかソバの花が咲き始めました。咲くのが早いのようです。

関連する記事

追い蒔きをしました。

DSCN0458

 先月30日に蒔いたソバが発芽した頃から、キジバトによる食害がひどくなり、中には畝1本全部が被害を受けているところもあります。今朝からメンバー4人が集まり、残っていたソバ種を追い蒔きし、畑全体に鳥よけのテープを張り巡らしました。果たして効果のほどは如何にです。

DSCN0450

DSCN0448

畝全体や畝の半分以が食害を受けました。

DSCN0447

何もなくなった畝もあります。

DSCN0452

DSCN0455

キジバトは発芽したソバを引き抜き、柔らかい葉を食べて茎の部分を残します。

DSCN0453

DSCN0459

竹を畑に立て鳥よけテープを張り巡らしました。果たして効果は如何にです。

関連する記事