鮫川和紙

今シーズンの初漉きです。

 10月も下旬に入り朝夕の寒さも増してきました。9月下旬からコウゾ煮を開始し和紙を漉くための材料(紙料)の作りをしてきましたが、一段落つき始めたので出来上がった紙料を使い、今シーズンの初漉きをしてみました。

漉き船に資料を入れ、人工ネリを使って漉きます。トロロアオイのネリはまだ外気温が高いので使えません。

ピンクの染色和紙を漉きましたが60枚くらいあるかな。

ジャッキで水分を絞ります。

水分を絞り終えた和紙を貼り板に貼り乾燥させて出来上がりです。

関連する記事

今年も始まりました。

 10月に入り涼しくなってきたので、今シーズンの和紙漉き準備を始めました。初めに行う準備はコウゾを煮て和紙の材料を作る作業です。

和紙の原料乾燥コウゾ皮です。一昼夜水につけて戻します。

戻したコウゾを大釜に入れます。

薪材で苛性ソーダを使い3時間煮ます。

煮終えたコウゾを水槽に入れ、水をかけ流しにして晒しゴミや汚れソーダの成分を流します。

晒し終えたコウゾです。

晒し終えたコウゾを漂白します。

漂白されて白くなりました。

漂白剤の成分を流すため、再び水をかけ流しにして晒します。

叩く前の漂白晒しを終えたコウゾです。

コウゾ繊維を細かくするためビーターを使い叩きます。

関連する記事

トロロアオイの花が満開です。

 れいねんより遅れて咲き始めたトロロアオイ(ネリ)の花が満開になり、クリーム色の花を秋風になびかせています。花は一日花で食せるので我が家では既にてんぷらにして3回食卓に上がりました。

関連する記事

咲いてきました。

 17日に、咲き始めたネリ(トロロアオイ)の画像をアップしましたが、1週間が過ぎ数多くの花が咲いてきました。本来ならば根に養分を集めるため、蕾をカットするのですが、今年はそのまま置いて花を楽しもうと思います。本格的な開花はこれからです。

1週間前と比べると花数が相当多くなりました。

花びらがクリーム色で非常に鮮やかです。花は食べられます。

沢山蕾をあるのでこれからまだまだ咲きます。

関連する記事

トロロアオイが咲き始めました。

 和紙漉きにはなくてはならないトロロアオイ(ネリ)の花が咲き始めました。トロロアオイの根から出る抽出液は、ネリと呼ばれ和紙を漉くためにはなくてはならないものです。例年だとお盆前に花が咲きますが、今年は梅雨明けが8月になり開花が遅れてようやく数輪開花しました。蕾が沢山ついているの本格的な開花はこれからです。

成長が遅れていましたが、大分大きくなってきました。

花はクリーム色できれいです。そして食べられます。

葉の間にアマガエルが休んでいました。

関連する記事