2020年 10月

今シーズンの初漉きです。

 10月も下旬に入り朝夕の寒さも増してきました。9月下旬からコウゾ煮を開始し和紙を漉くための材料(紙料)の作りをしてきましたが、一段落つき始めたので出来上がった紙料を使い、今シーズンの初漉きをしてみました。

漉き船に資料を入れ、人工ネリを使って漉きます。トロロアオイのネリはまだ外気温が高いので使えません。

ピンクの染色和紙を漉きましたが60枚くらいあるかな。

ジャッキで水分を絞ります。

水分を絞り終えた和紙を貼り板に貼り乾燥させて出来上がりです。

関連する記事

紅葉情報です。②

 10月14日から紅葉情報アップ始めましたが、それから1週間が経ち気温も下がったため色づきが進みました。

強滝橋付近です。赤くなってきました。

強滝橋上流です。1週間前より紅葉が進みました。

山桜の紅葉です。もうすぐ落葉かな

強滝橋下流のカツラの木です。1週間前より落葉が進みました。

中流域も色づいてきました。

遊歩道の案内看板です。川の対岸にあります。

関連する記事

秋の味覚です。

 今年は天候不順の影響か山の実物は総じて不作です。栗やアケビは生ったものの数が少なく、ナラやクヌギのドングリに至っては一粒も実がついていません。野鳥や獣類の冬場の餌が心配です。今日、今秋最後のアケビを採ってきました。道路のすぐ側にあるので野鳥もあまり来ないようです。全部は採らないで野鳥たちの分は残してきました。

アケビの中で一番おいしいムラサキアケビ(ミツバアケビ)です。

アケビの皮を水に晒し、味噌炒めにして夕食にいただきました。柔くて美味しいです。

関連する記事

紅葉(黄葉)が始まりました。

 10月も中旬に入り、村内各所の紅葉の名所が色づき始めました。今日、村の景勝地「強滝(こわだき)」に行ってみると、モミジやカツラの木々が色づき始めていました。

強滝橋付近の木々です。葉が色づいています。

強滝橋下流のカツラの木です。黄葉し落葉も進んでいます。

中流域の木々です。

関連する記事

今年も始まりました。

 10月に入り涼しくなってきたので、今シーズンの和紙漉き準備を始めました。初めに行う準備はコウゾを煮て和紙の材料を作る作業です。

和紙の原料乾燥コウゾ皮です。一昼夜水につけて戻します。

戻したコウゾを大釜に入れます。

薪材で苛性ソーダを使い3時間煮ます。

煮終えたコウゾを水槽に入れ、水をかけ流しにして晒しゴミや汚れソーダの成分を流します。

晒し終えたコウゾです。

晒し終えたコウゾを漂白します。

漂白されて白くなりました。

漂白剤の成分を流すため、再び水をかけ流しにして晒します。

叩く前の漂白晒しを終えたコウゾです。

コウゾ繊維を細かくするためビーターを使い叩きます。

関連する記事