2017年 11月

桃ノ木の皮です。

DSCN1546

 桃和紙の原料に使うため、桃の木の皮を剥きました。コウゾと同じ要領で蒸して剥いてみましたが、桃ノ木はコウゾと違いて節や枝が多く、蒸しても簡単には剥けず大変な作業でした。

DSCN1528

DSCN1529

皮を剥く桃の枝です。コウゾと比べると太くて節があります。

DSCN1532

本数がが少ないので作業場のストーブで蒸します。

DSCN1531

蒸気が逃げないように中にビニールをかぶせ、その上をバケツで覆いました。

DSCN1536

蒸し上がった桃ノ木です。

DSCN1544

桃ノ木の皮です。節が多いためコウゾみたいにきれいには剥けません。

DSCN1541

剥き終えた桃の枝です。

DSCN1548

皮の乾燥は洗濯ハサミで行います。

DSCN1553

桃ノ木は灰汁が強く、軍手をしていたのですが指先が黒くなりました。何回洗っても取れません。

関連する記事

うちわ作りです。

DSCN1515

 福島交通バスツアーの皆さんが村営宿泊施設「ほっとはうす」を訪れ、鮫川和紙を使ったうちわ作りを行いました。

DSCN1496

DSCN1501

うちわ作り手順を説明します。

DSCN1508

DSCN1511

うちわを作り始めます。最初はうちわの芯に糊付けます。

DSCN1513

DSCN1514

紅葉したモミジの葉などを入れる方もいます。

DSCN1520

うちわ完成後に和紙が出来るまでの話をしました。

関連する記事

紅葉情報⑧

DSCN1487

 今回で今シーズン最後の紅葉情報になります。今日の紅葉は東前田地区の紅葉です。田んぼに行く農道の土手にあるモミジですが、この時期になり鮮やかに彩られました。

DSCN1480

DSCN1482

土手に数本のモミジがあり、赤やオレンジに紅葉しています。

DSCN1481

赤く紅葉したモミジです。

DSCN1484

オレンジに紅葉したモミジです。

DSCN1486

良い色ですね。

関連する記事

山のギャングです。

DSCN1474

 ここのところ、ハウス周辺にイノシシが出没し、土手やハウス上の空き地に穴を掘られ参っていました。村役場担当課に連絡し、駆除隊員がイノシシが通りそうな山中に罠を仕掛けました。今日、駆除隊員がハウスに来てイノシシが罠に掛かっているとのことで、一緒に見に行きました。場所はハウスから200mの先です。
 そのイノシシですが、くくり罠を固定しておいた杉丸太引きずりながら、山中から道路のすぐ脇まで出てきていましたが、藤蔓や篠などが絡まり動けなくなっていたところを、駆除隊員が銃器で仕留めました。

DSCN1357

イノシシに掘られ穴だらけになったハウス上の空き地です。家の直ぐ側まで掘っています。ミミズかな

DSCN1461

銃器で仕留めた直後のイノシシです。

DSCN1463

罠を固定した直径20cm、長さ2mの杉丸太を引きずって来た跡です。恐るべきパワーです。

DSCN1466

腹には乳房がありメスイノシシです。

DSCN1471

左前脚が罠に掛かっていました。

DSCN1475

罠を設置した駆除隊員です。

DSCN1478

体長120㎝、体高60㎝、体重は60キロ前後とのことでした。

関連する記事

ジュースを作りました。

DSCN1442

 今年はヨッツズミ(正式名:ガマズミ)に実が沢山ついています。11月に入り霜が数回降り、ガマズミが生食出来るようになったので、ジュースを作ろうとザルに2杯分採取してきました。ヨッツズミで作るジュースは甘酸っぱくて、とても美味です。そのままでは濃いので、焼酎などで割ると女性の飲物として最適になります。

DSCN1440

沢山付いているヨッツズミの実です。

DSCN1436

DSCN1450

ザルなどに実の部分だけ採取します。

DSCN1446

実を洗います。まるでイクラのようです。

DSCN1454

DSCN1459

容器の中で実を潰します。

DSCN1455

深紅の汁が出て来ます。きれいです。

DSCN1456

酸味が強いので器に入れて砂糖少し入れて飲むと美味しいです。

DSCN1444

ザル1杯で約1升出来ます。

DSCN1453

搾りかす(皮、種)はカブなど漬物の色付けに最高です。きれいなピンク色になります。

関連する記事