鮫川の動植物

ギボウシの花です。

 今日館山公園に行ったらギボウシの花が所狭しと咲いていました。ギボウシはウルイとも呼ばれ春の山菜の一つで、7月から8月に紫色の花が咲きます。今が最盛期のようです。ヤマユリの花もまだ楽しめます。散った花もありますがまだまだ見頃です。

紫色のギボウシの花です。

館山公園の林内に群生しています。

ヤマユリもまだ元気に咲いています。

青空にヤマユリの白が映えます。

散り始めたヤマユリです。

関連する記事

ウバユリです。

 健康維持のため、ほぼ毎日ウォーキングで近くにある八幡神社参道の階段上りをしていますが、今日、階段途中にあるウバユリが開花していました。ヤマユリと比べると地味な花ですが、とても清楚できれいな花です。神社本殿に上がってから別の参道を降りますが、ヤマユリが見事に咲いていました。ここはイノシシが入っていないので被害がなく良かったです。

ウバユリの花は真っ白できれいです。

ウバユリの蕾です。

下りの参道のヤマユリです。

ギボウシの花も盛りです。

関連する記事

咲き始めました。

 7月も中旬に入り村花「ヤマユリ」が咲き始めました。昨年までは館山公園のヤマユリが見事に開花していましたが、今年はイノシシの被害により見る影もありません。残念、残念。ハウス前の林道法面のヤマユリも開花する前からイノシシに球根を掘られほぼ全滅です。参ったー

ヤマユリが咲いていた「官沢の枝垂桜」下です。

ヤマユリと枝垂桜のコラボです。

蕾のヤマユリも多いので本格的な開花はこれからです。

写真を撮っているとカラスアゲハがヤマユリに訪れました。

関連する記事

オオムラサキです。

 今日、和紙の家の作業場に入ったら、バタバタともがいている大きめの蝶がいました。何かなと思い良く観察すると何と「オオムラサキ」のオスが作業場に迷い込んでいました。オオムラサキは国蝶で郵便切手にもなっています。鮫川村はかつてオオムラサキの里として村おこしを行っていましたが、今は見る影もありません。それでもオオムラサキの餌となるイノキがあるので村内には生息しているようです。7月がオオムラサキの羽化のシーズンです。

作業場の屋根したでバタバタしていました。

網でそっと捕獲し写真を撮りました。オスのオオムラサキです。

羽をたたんだオオムラサキです。飛んでいる下から見ると保護色で目立ちません。撮影後、大空に放ちました。

関連する記事

マムシ捕獲です。

 寛ちゃんハウスがある東前田は、沢が深くマムシが多いところです。梅雨に入りジメジメし蒸し暑くなると、マムシは乾燥した場所を求め山から道路脇等に出てきます。昨日林道擁壁で2匹のマムシを捕獲しました。なかなか立派なマムシです。今日はマムシの皮を剥き串焼にして保存しました。

捕獲した2匹のマムシですが、なかなか立派なマムシです。

卵が入っていて2匹合わせて12個ありました。マムシは卵胎生で腹の中で卵から小蛇になり、秋口に小蛇で産まれてきます。

マムシの首です。

関連する記事