鮫川の動植物

最後の輝きです。

 今シーズンの紅葉は、台風でモミジなどの葉が風に揉まれたため、枯れ葉状態になり紅葉の時期を迎えました。また、全体的に気温が高いので例年と比べても紅葉の進みが遅いです。ここに来てようやくモミジの下の葉の紅葉がきれいになってきました。アップしたのはハウス入口のモミジの紅葉です。

一週間前のハウスのモミジです。紅葉が鮮やかでした。

鮮やかな紅葉です。

今日のハウス入口のモミジです。葉が少なくなりました。

散った葉が地面にきれいに並んでいます。

関連する記事

マムシの子どもです。

 今年は湿度が多く気温の高い日が続くせいか、寛ちゃんハウス上流でマムシが頻繁に捕獲されます。昨日も2匹捕獲しました。これで今シーズンのマムシ捕獲数は9匹になりました。今日そのマムシを処分しましたが、驚いたことにそのうちの1匹のマムシの腹に6匹の子どもがいて、外に出してやると元気に動き出しました。子どものマムシ見るのは初めてで、マムシは卵胎生で生まれると聞いていましたが、改めて確認することができました。子どものマムシは写真撮影後山に戻しました。

かなり大型のマムシです。

子どもが入っていたマムシです。

6匹の子マムシです。外に出してやるとすぐに動き出しました。

子マムシは20センチありました。

関連する記事

ヤマユリが開花しました。

 間もなく8月に入りますが、村の花であるヤマユリが咲き始めました。ヤマユリは村内何処を歩いても道路脇にはヤマユリが見られます。村中心にある館山公園もヤマユリが開花しました。

館山公園のユリも開花しました。

今年のヤマユリは長雨のせいか開花できないものも見られます。

ヤマユリが青空に映えます。

ヤマユリとアジサイのコラボです。

館山公園にはギボウシの花が沢山咲いています。

ホタルブクロの花も咲いています。

関連する記事

今年も咲きました。

 館山公園のニッコウキスゲが今年も満開になり、林内はキスゲの黄色と木々の緑色のコラボで鮮やかです。写真を撮る人たちも訪れしばらくの間公園は賑やかになりそうです。昨年見つけた「キンラン」も咲きました。

林内の木々の枝を整理すればもっとキスゲが増えます。

キスゲの黄色が鮮やかです。

キンランの花です。

エゴの木の花です。実はヤマガラの餌になります。

関連する記事

鮫川村のクマガイソウです。

 鮫川村赤坂西野地区仁田地内で、クマガイソウ祭り開催の記事が新聞に掲載されていたので行ってきました。村内でクマガイソウが生息している場所はありますが、お祭りを行えるほど多く生息している場所はわかりませんでした。今日行った仁田地内の「矢吹」さん宅の裏山には1000株ほどのクマガイソウが自生していました。矢吹さんの話しでは、手入れをしながら毎年増やして今年の祭り開催に至ったとのことでした。矢吹さんはクマガイソウ以外にも庭にも多くの山野草を保護しています。

手入れが行き届いたスギ林中に満開に咲いていました。

絶滅危惧種のキンランも生息しています。

マイズルソウの群落です。

キレンゲツツジです。

藤棚も見事です。

関連する記事