鮫川の動植物

春か近づいています。

 チャイナウィルス感染防止のため、学校が休みになり、人が集まる各種の行事などが軒並み中止に追い込まれ、ブログアップの出来事も少なくて苦労しています。村広報担当者や地域新聞の担当者も掲載記事の確保に追われています。今月初めてのアップは鮫川の春です。

今年は暖かいので、日向のフキノトウは既に大きくなっています。

スプリングエフェメラル(春の妖精)の一つ、アズマイチゲも蕾が出てきました。

スイセンの芽も大きくなりました。

オオイヌフグリの花が満開です。

ハウス庭のボケの蕾も大きくなってきました。

関連する記事

春ですねー。

 このところの暖かさで春を告げる花の代表、福寿草が鮫川村でも咲き始めました。福寿草は典型的なスプリング・エフェメラル(春の妖精)で、春一番に花を咲かせ他の花が咲く前に永い眠りに入ります。

関連する記事

イノシシが出ています。

 初冬に入り、しばらく出てこなかったイノシシがまたぞろ出てきました。寛ちゃんハウス上の空き地とハウス直ぐ下、田圃の稲が全滅状態です。村、猟友会がイノシシ捕獲を一生懸命やっていますが、捕獲頭数よりも生まれるイノシシの方が多くて、お手上げの状態です。駆除する名案はないかなー。

ハウス上の空き地です。餌を求めて掘るのかあちこちが穴だらけです。こうなると草を刈るのに難儀します。

ハウス下の田圃周辺にネットを張りましたが、イノシシがネットの下から出入りして効果はゼロです。

イノシシに入られた田圃です。稲はほぼ全滅で刈り取りは放棄しました。

関連する記事

最後の輝きです。

 今シーズンの紅葉は、台風でモミジなどの葉が風に揉まれたため、枯れ葉状態になり紅葉の時期を迎えました。また、全体的に気温が高いので例年と比べても紅葉の進みが遅いです。ここに来てようやくモミジの下の葉の紅葉がきれいになってきました。アップしたのはハウス入口のモミジの紅葉です。

一週間前のハウスのモミジです。紅葉が鮮やかでした。

鮮やかな紅葉です。

今日のハウス入口のモミジです。葉が少なくなりました。

散った葉が地面にきれいに並んでいます。

関連する記事

マムシの子どもです。

 今年は湿度が多く気温の高い日が続くせいか、寛ちゃんハウス上流でマムシが頻繁に捕獲されます。昨日も2匹捕獲しました。これで今シーズンのマムシ捕獲数は9匹になりました。今日そのマムシを処分しましたが、驚いたことにそのうちの1匹のマムシの腹に6匹の子どもがいて、外に出してやると元気に動き出しました。子どものマムシ見るのは初めてで、マムシは卵胎生で生まれると聞いていましたが、改めて確認することができました。子どものマムシは写真撮影後山に戻しました。

かなり大型のマムシです。

子どもが入っていたマムシです。

6匹の子マムシです。外に出してやるとすぐに動き出しました。

子マムシは20センチありました。

関連する記事