鮫川の動植物

今年も咲きました。

 館山公園のニッコウキスゲが今年も満開になり、林内はキスゲの黄色と木々の緑色のコラボで鮮やかです。写真を撮る人たちも訪れしばらくの間公園は賑やかになりそうです。昨年見つけた「キンラン」も咲きました。

林内の木々の枝を整理すればもっとキスゲが増えます。

キスゲの黄色が鮮やかです。

キンランの花です。

エゴの木の花です。実はヤマガラの餌になります。

関連する記事

鮫川村のクマガイソウです。

 鮫川村赤坂西野地区仁田地内で、クマガイソウ祭り開催の記事が新聞に掲載されていたので行ってきました。村内でクマガイソウが生息している場所はありますが、お祭りを行えるほど多く生息している場所はわかりませんでした。今日行った仁田地内の「矢吹」さん宅の裏山には1000株ほどのクマガイソウが自生していました。矢吹さんの話しでは、手入れをしながら毎年増やして今年の祭り開催に至ったとのことでした。矢吹さんはクマガイソウ以外にも庭にも多くの山野草を保護しています。

手入れが行き届いたスギ林中に満開に咲いていました。

絶滅危惧種のキンランも生息しています。

マイズルソウの群落です。

キレンゲツツジです。

藤棚も見事です。

関連する記事

朝日山に登りました。

 素晴らしい五月晴れの中、家内と今シーズン初めて朝日山に登りました。山ツツジの開花を期待していきましたが、少し早かったようで咲始めでした。それでもいろいろな花や、朝日山の素晴らしい新緑が迎えてくれました。

今年もクリンソウが咲いていました。自然に生えているクリンソウはとても貴重です。

チゴユリも咲き始めていました。

ウグイスカグラの花です。実は食せます。

バイケイソウですがまだ花はついていません。

コハウチワカエデの鮮やかな緑です。

鮮やかな新緑に心が洗われます。

木々の新緑が青空に映えます。

一部開花している山ツツジもありましたが、蕾のものが多くこれからです。

山頂の山ツツジと後ろは山桜です。

サンショウウオもたくさん確認出来ました。

ワラビもたくさん採れました。

山頂で1枚です。

関連する記事

カタクリ観察です。

4月18日(木)に、鮫川小学校4年生28名と教師2名が参加し、天狗橋のカタクリ観察を行いました。風もなく穏やかな天気で観察日和に恵まれました。17日にしたみをおこないましたが、気温が高いので開花が進んでいますが後1週間は楽しめそうです。

天狗橋の案内板です。

ふくしま緑の百景に選ばれています。

カタクリが咲いている林内は狭いので、駐車場でカタクリについてレクチャーです。

カタクリを観察する子供たちです。

観察終了後感想を発表します。

上からカタクリ、二輪草、アズマイチゲです。

関連する記事

春の妖精たちです。

 14日(日)に春の妖精と呼ばれているカタクリやアズマイチゲ、二輪草を観察するため、村の景勝地天狗橋に行きました。天狗橋は県の自然環境保全地域に指定され、季節ごとに多様な植物が見られる場所です。カタクリの花はまだ咲き始めたばかりで蕾のものがたくさんありました。アズマイチゲは見ごろで二輪草はまだ数輪が開花している状況でこれからです。今週から見ごろかな。

カタクリの開花状況です。

カタクリとアズマイチゲの競演です。

清楚なアズマイチゲの花です。

二輪草は咲き始めです。

名所「天狗橋」です。巨大な岩が川に橋のようにかかっています。自然にできたものです。

天狗橋がかかる戸草川です。この川の最上流部に鮫川の源流があります。

関連する記事