鮫川の動植物

春ですねー

 このところの暖かさで鮫川村にも春が訪れたようです。今日、日当たりの良い土手の斜面を見たらフクジュソウやオオイヌフグリの花が開花していました。午後にはチョウチョも出現しました。ちょっと早すぎると思いましたが、春ですねー。

フクジュソウが陽の光を浴びて咲いていました。

紫色のオオイヌフグリの花です。

陽気に誘われてチョウチョも出てきました。

関連する記事

びっくりです。

 今年はやはり異常気象なのかな。今日、紙漉き体験で漉いたハガキが出来上がったので鮫小に持参し、帰り際に校庭の土手を何気なく見ると、タンポポの花が一輪咲いていました。例年ですと今に時期は雪があることが多く、タンポポが咲くことはありませんが、今年は全く雪がなく気温も高いからかなー。

葉はまだ出ていません。

スイセンカな?何かの芽が出始めています。

関連する記事

ガマズミ採りました。

 霜が降りるようになると、ガマズミの実が食べられるようになります。ガマズミ実は地元で「ヨッツズミ」と呼ばれ子供のころは貴重な食べ物でした。それもこの飽食時代になり見向きもされません。そんなガマズミの実を採取してジュースやジャムを作っています。

真っ赤な実は青空に映えます。

毎年採取していますが、今年は笊に二つ採りました。

鮮やかな色です。赤いダイヤです。

ガマズミ実で作ったジュースとジャムです。(左がジュース、右がジャム)

関連する記事

秋のご馳走です。

 秋は森にいろいろな実物が生りますが、その中でもミツバアケビは非常に甘くて美味しいです。美味しい味は野鳥たちも知っていて、油断をするとアッという間に食べられてしまいます。野鳥と競争です。

関連する記事

収穫の秋です。

 秋たけなわとなってきました。今年は、山の実物が豊作のようです。芝栗もたくさんの実をつけ、道路などに栗の実がたくさん落ちています。最近は栗の実を拾う人も少なく、車などに潰されていますが、拾うとあっという間にたくさん拾えます。拾った栗は茹で栗や、栗ご飯にするととても美味しいです。

1時間くらいでかなり拾いました。芝栗ですので大きい実も小さい実もあります。

関連する記事