2021年 9月

始まります。

 9月も下旬になり、いよいよ今シーズンの和紙漉き作業が始まります。最初に行うのは和紙の原料コウゾ煮です。昨日乾燥コウゾを水槽に浸しました。浸して置いたコウゾを今日の午後に引き上げ、大釜に入れて明日コウゾ煮を行います。煮る時間は3時間を要しますので、明日の8時30分から大釜に火入れを行います。

煮る予定のコウゾ束です。

水槽から引き揚げたコウゾです。

コウゾを煮る大釜です。

コウゾを大釜に入れました。1釜に4束入ります。

4束入れると大釜一杯になります。いよいよ明日着火です。

コウゾが煮あがりました。煮る前と比べ量が2割くらい減りました。

関連する記事

コウゾ葉の収穫です。

 和紙の原料であるコウゾの葉を和菓子やクッキーなどに使用し、地域の文化と食を融合し福島県の魅力発信を行っている「旅の書会」のメンバー2名が鮫川に訪れ、コウゾ葉の収穫を行いました。桑の仲間であるコウゾの葉は、鉄分、カルシウム、食物繊維を豊富に含み健康効果も期待できるとのことです。
 「旅の書会」では「福コウゾ」と命名したブランドを立ち上げ本格的な取り組みを始めています。既に和菓子やクッキーは商品化され、母の日や父の日などで販売されています。今回鮫川から収穫するコウゾ葉は「茶葉」にするとのことで出来上がりが楽しみです。また、石鹸作りも計画しているようです。

コウゾ葉を収穫したコウゾ畑です。

コウゾ葉の収穫です。1枚1枚丁寧に収穫します。

収穫したコウゾ葉です。

収穫したコウゾ葉を丁寧に水洗いします。

水洗いしたコウゾ葉をネットの袋に入れます。

洗濯機で水分を脱水します。

脱水して持ち帰り、乾燥してから粉末にして和菓子やクッキーの材料にします。

関連する記事

トロロアオイの花です。

 先月からブログに使用しているアプリでエラーが発生し昨日までアップできませんでした。アプリエラーが回復したので今日からアップを始めます。
和紙漉きには必ず必要なトロロアオイの花が咲きました。今年は天候の関係で開花が少し遅く8月下旬から満開になりました、画像は8月27日のものです。

トロロアオイは大きくなるものと大きくならないものと2種類ありますが、画像は大きいサイズです。

大きいトロロアオイは花が大きくてきれいです。

蕾も残っているのでまだまだ咲きます。

小さいトロロアオイは開花が早く種になっていました。

関連する記事