春の萌しです。

 日陰にはまだ多くの雪が残り、朝夕の冷え込みも厳しい毎日ですが、今日、雪の溶けた日あたりのよい場所で春の萌しを見つけました。まだ1月でこれからも寒い日が続きますが、季節は春に向かって確実に進んでいます。

DSCN3309

福寿草です。まだ日差しが弱いのと地温が低いため花びらがやっと開いているようです。

DSCN3303

オオイヌフグリの花も咲き出しました。

DSCN3306

まだ小さめのタンポポの花です。

DSCN3313

フキノトウです。20個ほど収穫できたので、早速今晩いただきます。

DSCN3314

DSCN3315

フキノトウとセリの天ぷらです。フキノトウの苦味、セリの香はまさに春一番です。

DSCN3314

DSC_0002

コウゾ切をやっていたらタヌキのため糞を見つけました。一族郎党が同じ場所に糞をするので、だんだん山のようになって行きます。同じところに糞をするのは仲間同士の情報交換の場になっているようです。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。