ニジマス駆除を実施しました。

 6月29日に行われるヤマメ稚魚の放流に先立ち、鮫川漁協と村水産資源保護協会が協力して、投網を使い外来魚のニジマス駆除を行いました。毎年ヤマメ稚魚放流前に駆除を行っていますが、ニジマスが自然繁殖しているらしく、なかなか全部を駆除することができません。

投網がきれいに広がります。投げるのにはそれなりの技術が必要です。
近年投網を使う人が激減し、後継者の育成が必要です。

捕獲されたニジマスです。

大きいものは60cm、体重2kgありました。

ご覧の通りの大物です。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。