種もみ播種です。

 須賀川市長沼町の三男宅で恒例の種もみ播種作業が行われ、妻と行ってきました。箱数は昨年より少なくなりましたが、それでも育苗箱2000枚に午前中かかり播種を終え、午後からそれをビニールハウスに運び、16時までかかり中に並べ終えました。毎年やっていますが腰が痛くなり大変な作業です。

種もみを蒔く育苗箱です。

箱底に紙を敷いて機械に流します。

箱に土が入れられます。

播種される種もみです。

土入れ、種まき、水かけは機械が行います。

種もみが蒔かれた育苗箱が最後に出てきます。

種もみを蒔き終えた育苗箱です。

ハウスに運び並べます。腰が痛くなりつらい作業です。

整然と並べられました。

芽出しを促進するため保温シートをかけます。

全部の箱に保温シートをかけて完了です。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。