カジカ生息調査を行いました。

 鮫川にカジカを呼び戻す会では、カジカ成魚の放流を10年余り実施してきましたが、放流後の生息状況を確認するための調査を行いました。調査は昔ながらの方法で三角網と押し棒を使い、川底の小石などに潜んでいるカジカを網に追い込み捕獲します。村中心部新宿地内の鮫川本流で約300mの区間を調査した結果、カジカ成魚10匹、稚魚3匹が確認でき、放流したカジカが産卵し生息していることが確認できました。

DSCN2808

DSCN2809

三角網と押し棒を使い捕獲します。

DSCN2806

DSCN2811

捕獲したカジカです。ヤマメの稚魚も網に入りました。

DSCN2815

DSC_0005

カジカの稚魚です。大きさは2センチ前後です。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。