氷のオブジェです。

 和紙漉きに利用する引き水の落下点に氷のオブジェが出来ました。紙漉き作業場の気温は毎朝マイナス8度前後で、最高でマイナス10度になったときもあり非常に寒く、その寒さが凍りのオブジェを作りました。寒さが続くと氷はまだ成長すると思います。

水が落ちる両側がしぶきで見事な氷が出来ます。

バケツに汲んであるネリ(トロロアオイの粘液)も凍り、上手に抜くと面白いオブジェが出来ます。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。