山のギャングが捕らえられました。

 イノシシです。昨年起きた原発事故の影響で人間が山に入らなくなりました。そのせいか、イノシシが我が物顔で出没し、畑の作物や稲など手当たり次第に荒らしまわっています。最近は人家近くまで出てきて餌を漁ります。村の有害鳥獣捕獲隊が罠などで捕獲していますが、数は増える一方です。写真は、11月1日に罠で捕獲した体重約60キロのイノシシです。

体長は1m以上で、体重は約60キロの大物です。

イノシシの後ろ足です。足の下の金属は罠のワイヤーです。

イノシシのお尻です。オスのようです。

罠にかかったイノシシは銃器で仕留めます。

関連する記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※承認制のため、即時には反映されません。