森の案内人

朝日山登山です。

 17日に鮫川小学校4年生23名、教師3名と鮫川村の最高峰朝日山に登りました。朝日山は豊かな自然に恵まれ、自然に関する総合的な学習を行うには最高の場所です。登山道周辺の森は人工林と天然林の境が良くわかる場所があったり、平地より標高が高いので草花や樹木の種類も豊富で、沢水が流れる場所には希少種のサンショウウオも生息していて、大切に保存しておきたい場所です。ほとんどの子ども達は朝日山は初めてで、植物、樹木などを観察しながら山頂を目指しました。

登山開始前に山について注意することをレクチャーします。

樹木の説明を受け熱心にメモを取ります。

ウルシについて注意するよう話します。

野鳥についてもレクチャーします。

捕獲したサンショウウオを見せます。初めて見るサンショウウオに興味津々です。

沢山捕れました。見た後に放します。

山頂で楽しいお弁当タイムです。

山頂で集合写真です。

関連する記事

朝日山登山です。

 昨日、鮫川小学校4年生25名、教師2名の27名で鮫川村の最高峰朝日山に登りました。学校のふるさと教育の一環として4年生は森のことを学んでいます。朝日山には多様な生態系があり、森、水など自然環境を学ぶには絶好の場所です。10時過ぎから登山を開始し、途中で植物、樹木、サンショウウオなどの話しをしながら山頂を目指し12時に山頂に到着し昼食後下山しました。

入山する前に自然界のリスクについて話します。

マムシグサについて写真を使い説明します。

花筏の葉を使い葉上に花が咲くことを説明します。

バイケイソウの説明です。

山頂で楽しいお弁当タイムです。

山頂での1枚です。

関連する記事

もり案10期会です。

 平成18年度にもりの案内人研修を受講したメンバーで「もり案10期会」を作っていますが、6月30日、7月1日に泉崎村の「さつき温泉」で今年の交流会を開催しました。参加者は13名で1日目は懇親会で意見交換などを行い交流を深めました。2日目は烏峠稲荷神社などを観てまわり、昼食後来年の再開を約して解散しました。

宿泊したさつき温泉です。

懇親会風景です。

会長さんのあいさつです。

帽子を持参し全員に配るメンバーもいました。

サクランボ持参したメンバーもいました。

55年前の東京オリンピックで聖火ランナーとして走ったメンバーがトーチを持参しました。

2日目に観た烏峠稲荷神社です。由緒ある神社です。

稲荷神社の案内板です。

関連する記事

森林環境学習を行いました。

 鮫川小学校3年生28名を対象に、館山公園で森林環境学習を行いました。初めに紅葉の仕組みや森の働きについて話しをした後、森への理解を深めるためにフィールドビンゴを行いました。児童たちは班を作りビンゴの目的物を探し森の中を元気に駆け回っていました。

初めに森の木々が紅葉になる仕組みや、森の働きに話しをします。

ビンゴゲームカードです。

子供たちは班でビンゴカードの対象物を探します。

ドングリの木の赤ちゃんです。

紫色の花リンドウです。

紅い実のなる木です。

モミジの紅葉もきれいです。

関連する記事

森林教室に参加しました。

 東白川地方公民館連絡協議会、福島県県南農林事務所、県南地方林業協会主催による、夏休み森林教室が矢祭山キャンプ場を会場に開催され、もりの案内人として子供たちの指導のため参加しました。
 このイベントは、子供たちに森林林業についての理解を深めてもらうために毎年各町村が持ち回りで開催しています。今年は、矢祭町が会場で群内4町村から110名の小学生とスタッフ60名が参加し盛大に開催されました。台風13号の影響で雨が心配されましたが、幸いにも降雨はなく、子供たちは森のクイズやターザンロープ、綱渡り、測量ゲームなどを行い、最後はこけ玉つくりに挑戦し、夏休みの楽しい一日を過ごしました。

開会式会場に子供たちが集まってきました。

矢祭町長さんの歓迎のあいさつです。

測量ゲームです。距離を正確に当てるゲームで、一番近い班は賞品がもらえます。

ビンゴゲームもありました。

綱渡りです。綱が揺れるのでバランスをとるのが大変です。

ターザンロープでブランコです。子供たちに大人気でした。

こけ玉作りの会場です。

こけ玉作りに挑戦です。

関連する記事